カップの6(Six of Cups)のタロットカードの意味

カップの6(Six of Cups)のタロットカード
  • カップの6のキーワード
    • 正位置
      • 再会
      • ノスタルジー
      • 子供のころの思い出
      • 無邪気
    • 逆位置
      • 過去への執着
      • ナイーブ
      • 非現実的

カップの6のタロットカードの説明

六つのカップには、それぞれ五枚の白い花びらが開いています。若い男の子が花の匂いを感じているようにも見えます。小さな子供は過去を象徴し、背の高い子供は未来を象徴し、共に過去の友人や恋人との幸せな再会を象徴しています。ノスタルジーに溢れた喜びを分かち合うのです。私たちが思い出に縛られてしまうことのないように、背景には大人が歩いている姿も描かれています。建物は快適さと安全保障を表し、不毛な庭は過去の失われた幸せな時を象徴しています。

全体的に明るい黄色で描かれており、この場面は大きな幸福を示しているとも言えます。

カップの6の正位置の意味

カップの6は、子供時代やノスタルジー、素朴な幸福、寛大さなどを表すカードです。子供であろうと、十代の若者であろうと、大人であろうと、過去の幸せな思い出に戻りたいと思っています。しかし、これらの過去は、それ以降の人生の側面を反映しています。現在の課題に取り組む代わりに、幸せで美しい記憶に逃れることが、幸福につながる唯一の方法だと感じているのかもしれません。思い出に浸ることもときには大切ですが、現在の状況を受け入れることもそれ以上に重要です。

物事があまりうまくいかないときに、良かった時期を振り返ることは間違っていません。それは変化と危機の真っ只中に、自分自身を確かめる良い方法です。カップの5のような損失の後、自分を癒すために時間を要し、思い出の中にある良いものを振り返る必要があることを示唆しているのです。この振り返りの期間中は、ネガティブになる必要はありません。代わりに、過去のポジティブなエネルギーをすべて現在と未来に持ち込んでください。倒れたカップが再び立ち、花が咲きました。前進する方法が明確になるでしょう。

カップの6は、いつもの環境や懐かしい場所への立ち戻りを表すこともできます。故郷や実家、高校や幼稚園を訪れるのかもしれません。小学校時代の知り合いと再会するのかもしれません。十代のころの恋人が再び登場するかもしれません。可能であれば、若い人と時間を過ごすのことも良さそうです。

自分の内面の子供を指すこともあります。子供のような喜びを体験する必要があることを示唆しているのです。あなたはまだあなたの中に住んでいて、気をつけなければならない子供です。これはインナーチャイルドと呼ばれたりもします。何らかの中毒、鬱、悩みや慢性的な不満などの問題を抱えている場合は、インナーチャイルドと会話をして、新しい喜びとエネルギーを見つけることができるでしょう。問題の原因は、過去の出来事である可能性があります。私たちは多くの要素で構成されており、そこには小さな子供も抱えているのです。それらは現在の状況や感情に強く反応しています。インナーチャイルドによって、これらの感情がどこから来たのかを知り、それを変えることができるでしょう。私たちの真の自己は私たちの中に潜んでいます。

カップの6は、人生における子供たちを表すこともあります。タロット占い中の他のカードに応じて、妊娠や出産、養子縁組を示すこともあるのです。または、幼い子供たちと一緒に遊び、笑い、学び、より多くの時間を過ごそうとしているのかもしれません。子供たちは現在の生活の中で重要な役割を果たし、大きな気づきがもたらされるでしょう。子供たちにとって世界は完全な場所であり、世界の無数の喜びを体験するために心を開いているのです。

カップの6の逆位置の意味

逆位置のカップの6は、過去への執着を表しています。まだ解決していない問題があるのかもしれません。過去を踏まえることは大きな意味を持ちますが、そこにこだわらないでください。確立された考え方は、時に進歩を妨げるかもしれません。過去を未来へのガイドとして使い、現在の生活に集中しましょう。

カップの6は子供のような無邪気さを表すカードです。その逆位置では、非現実的な夢や理想、バラ色のアイデアを持っていることを示唆しています。例えば、25歳までに結婚し、子供を授かっているという夢があったのかもしれません。しかし、現実に25歳になってしまうと、別の目標があることに気付くだけでしょう。あるいは、子供の頃の夢をまだ達成していないことに失望しているのかもしれません。

また、まだ過去の問題に悩まされており、ネガティブな思い出から自分自身を解放したいと感じているのかもしれません。あるいは、子供のころの思い出を抑圧しすぎていることも考えられます。