審判(Judgement)のタロットカードの意味

審判(Judgement)のタロットカード
  • 審判のキーワード
    • 正位置
      • 審判
      • 復活・再生
      • 内なる思し召し
      • 放免
    • 逆位置
      • 自己疑惑
      • 反省の拒否

審判のタロットカードの説明

審判のカードには、裸の男性、女性、子供たちが墓から立ち上がり、手を広げ、大天使ガブリエルのトランペットに応答している様子が描かれています。人々は天使に魅了され、宇宙の意思によって判断される準備ができているかのよう。背後には、巨大な山々や津波が描かれ、克服できない障害や、判断を避けることが不可能であることを示しています。海は女教皇から始まった、大アルカナを流れる川の終わりを表しています。ガブリエルの旗は白と赤であり、これは魔術師の服の色と同じです。人生のあらゆるものと同様に、始まりは終わりへと織り込まれ、それは再び新しい始まりへと繋がるのです。

占星術における審判のカードは、冥王星に対応しています。

審判の正位置の意味

審判のカードは、反省と自己評価の期間の必要性を表しています。瞑想や静かな内省を通し、人生全体の共通のテーマについて理解することによって、将来の審判へ備えたり、審判の結果を変えることができるかもしれません。審判のカードは、自分の旅が重要な段階に近づいていることを伝えています。

審判のカードはまた、人生を別のやり方で生きる必要があり、自分のニーズに忠実に行動する必要があると示唆しています。そのために、起き上がり、目を覚ますのです。より高いニーズに対応し、他者にインスピレーションと希望を与える、充実した人生を開く可能性があります。人生で「思し召し」を受けているかのように感じ、それに沿って行動する必要がある場所に近づいています。自分の中に潜んでいた無意識の知識や真実が目覚めて、光の当たる場所へ持ち込まれるのです。

新しい人生への目覚めがテーマです。審判のカードは、過去の経験を見直して評価し、そこらから学んだことを重視しています。人生のすべての出来事は、パズルのピースであり、それが組み合わされて一つの絵を形成しています。この絵は深い傷を治し、過去に未練を残しません。もはや過去の記憶に悩まされることなく、そこで何が起こったのか、自分の人生について何を教えているのかを理解し、評価することができます。今、人生における役割に直面し、それを解決する準備が整いました。心を平和と深い「お告げ」で見てみましょう。

また、赦免や解放を表すこともあります。自己評価の期間を通じて、自分の罪や過ちが浄化されたように感じられ、最終的に過去の罪悪感と悲しみから解放されるでしょう。それらを一掃し、リフレッシュして新たな課題に取り組む準備ができているのです。

審判は、人生を変えるための決定が必要であると示していますが、正義のカードの論理的な決定とは異なり、直観と知性の微妙なブレンドが必要であることが多くあります。決定を下すことによって、どのような大きな変化が生まれるかに気づいているのかもしれません。選択肢は明白で、おそらく唯一の実行可能なものです。成熟した分別のある選択をしなければなりません。自分の判断は、この時点で完璧であると知ってください。それを完全に信じ、正しい道にいることを知ってください。状況を明確にする必要がある場合は、過去の経験と学びによって、適切な道を導きましょう。

困難に耐え忍んでいる状況であれば、これらの困難への猶予を受けるかもしれません。他の人と経験を共有したり、グループ内で癒しを得ることができます。ここでの鍵は、自分と似たようなことを経験し、悩みから自由への道を示すことができる人がいることです。彼らがに導かれ、自分を助けましょう。

審判の逆位置の意味

逆位置の審判のカードは、疑念と自己判断で自分を甘やかす可能性があることを示唆しています。その判断は、新しい機会を逃す原因になるでしょう。今が目標を達成するための勢いが強い時期です。迅速に行動すれば、その勢いは失われません。したがって、今は慎重になったり、内省したりする時間ではなく、むしろ自信と誇りを持って前進するときです。

一方、審判のカードは立ち止まって考え、学ぶ必要があり、通常のルーチンと忙しいライフスタイルから距離を置くように求めています。それが逆位置の場合、問題の核心に到達したり、過去の教訓から答えを引き出すのに十分な時間と空間がないことを示している可能性があります。さらに、このカードは、過度に物事を難しく考え、自分自身に批判的であり、自分の過ちから学ぶことができないことも表しています。過去にいくつかの間違いを犯しているかもしれませんが、これらを失敗ではなく、学習体験として見てください。

逆位置の審判は、直面するすべての物事が、自分によって操縦できる余地があるということを思い出させるものです。突然の困難は避けることができませんが、これらにどのように反応するかは、自分で作り出すものであるとを覚えておくことが重要です。他者の判断にすべてを委ねたり、他人の慈悲だけに従わないでください。自分で自分の運命を選び、運命に対応できることを忘れないでください。自分自身の状況判断に基づいて、自分自身で決定を下す重要なときです。他人に自分を委ねたり、何をすべきかの指示を仰がないでください!

不幸や孤立、障害を乗り越えることが難しい場合もあります。貴重な教訓を学ぶために、過去の決定の結果に対処することを余儀なくされるかもしれません。また、重要な意思決定を恐れていることもあります。変化は避けられません。変化を受け入れなければ、成長が停滞するでしょう。望ましくない変化によって、無力感を感じるかもしれません。もはや自分にはメリットのない関係、仕事、状況を放棄してみましょう。